12月16日に開催予定のスクールライブ。
ボーカル科生徒さん達が講師演奏で歌うボーカル科コーナーの
リハーサルがスクールKスタジオにて行われました。

 

今回のライブの伴奏は、アコースティックギター1本。
普段ピアノで伴奏をつけてもらっている生徒さんは、
音の隙間の多いギター伴奏に少し戸惑う場面もありましたが、
自分自身の声の響きが美しい箇所や、まだ至っていない弱点を把握するには
絶好の機会です。

リハーサルの最中、たまたま通りかかったつのだ校長が
スタジオに登場し、リハの進行をチェック。

つのだ校長は「リズムの解釈によって歌の強弱や表現が変わってしまうこと」
「課題曲に合ったリズムできちんと歌うこと」を生徒さんに伝え、
体感としてそのことを理解してもらうために、
自らカホーンを叩いて演奏に参加し、生徒さんとリハを繰り返しました。

今回のレッスンで学んだことをきちんと自分のものにして、
本番のステージに臨んでくれることを期待しています!

WILD MUSIC SCHOOL

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha