10月14日~15日に開催予定の
『スクリーン・ミュージックの宴 PART2』

このコンサートに出演予定の
ボーカル科コーラスグループ「WILD CHILD」のメンバーが、
本番で歌う楽曲の伴奏音源に、
コーラスをレコーディングしました。

もちろん本番は生演奏、生歌ですが、
この作業は練習のためのレコーディング。
「レコーディングした自分自身の歌声を繰り返し聴いて
メロディを覚えていく」という方法は、
つのだ校長も長年採っている
スムーズに楽曲を身体に染み込ませる効果的な方法です。

レコーディングのもう一つのポイントは、
自分自身の弱点を知る事ができること。

もう充分歌えていると思っていても、
レコーディングで装飾の無い歌声が晒されると、
音程やリズムなど改善すべき点が見えてくるものです。

問題点が見つかっても、落ち込む必要はありません。
むしろ、見つかったことで、そこを集中的に練習し改善すれば、
自分の弱点を一つずつ無くしていくことができるのです。
問題点を見て見ぬふりをして、
改善できぬまま本番に臨むことのほうが
最終的には残念な結果になってしまいます。

今回のレコーディング体験を経て、
本番の彼女達のクオリティは、
確実にアップするはずです。

本番を楽しみにしています!

WILD MUSIC SCHOOL

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha