初日に、じっくりとドラムの基礎をレクチャーされた受講生さんたち。
2日目は、いよいよ、つのだ校長ならではの
グルーヴ理論の実践レッスンとなりました。

ワイルドの通常のレッスンでもしばしば使われる「サイクルロープ」を使い、
ユニバーサルなグルーヴの動きをキープしながらリズムをたたく練習、
体の動きが手先・足先に影響を与えるからこそ生まれるフレーズなどについて、
1つ1つ細かく学んでいきました。

そして最後は、プロミュージシャンとのセッション。
普段、つのだ校長のバックバンドで演奏しているベーシスト、
クリス・シルバーステイン氏と、
同じく、つのだ校長のバックはもちろん、
ワイルドでギター科講師も務めている江部和幸先生が、
受講生1人ずつの演奏に参加してくれました。

演奏が終わるたびに、つのだ校長からいろいろなアドバイスもあり、
2日間で学んだ多くのことを改めて実感・体験する時間となったようです。

こうして、いつも以上に濃密な2日間のセミナーは無事に終了。
次回の開催にもぜひ期待してください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha