ついにこの日がやって来ました。
8月17日『すみだSummer Gospel in トリフォニー』本番当日です!

会場となるすみだトリフォニーホールはキャパ1,800名の大ホール。
緊張と不安を払拭するため、
生徒さん達は皆控え室でコーラスと振り付けの最終チェック。

今回は通常のリハーサルは行わず、
イベントの休憩時間に観客の前でサウンドチェックを行う
「公開リハーサル」という形をとることになりました。

つのだ校長の「聴き手の方々にリハと本編で同じ曲を2度聴かせるよりは
違う曲を歌った方がきっと楽しんでもらえるだろう」との思いから
公開リハ用の楽曲を別に準備。
曲のイントロが流れ、皆のコーラスがホール内に響くと、
観客席にもその楽しい雰囲気が伝わったのか瞬く間に手拍子が広がりました。
ステージ上の生徒さん達もそれに呼応して、
より一層歓喜に満ちた歌声を響かせることができました。

その後、ステージ衣装のゴスペルローブに着替えると
いよいよ本番のスタートです!

公開リハのテンションを持続したまま入場し、
全身でリズムをとりながら皆で高らかにコーラスを歌い上げました!
観客席の声援と手拍子に皆の気持ちも高揚します。

合計8曲を全力で歌いきり、
アンコールでは他のクワイアの方々も合流して
エンディング曲を全員で大合唱しました。

今回ゴスペルクワイアは、初参加の生徒さんが大半を占めました。
きっと今までとは勝手が違いコーラスの難しさに悩むことも
多かった事と思います。
ですが、継続は力なり。毎日のレッスンを積み重ねることで、
最終的には素晴らしいパフォーマンスを大観衆の前で
披露することができました。

ワイルドでは今後も継続して
ゴスペルクワイアのレッスンを行っていく予定です。
今回参加した方も、ステージを観て自分もやってみたいと思った方も
お気軽にご参加ください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha