ワイルドのドラム科には、
幼稚園~小学生の子供達がたくさん在籍しています。

以前当ブログでも触れた通り、
子供達、特に低学年のお子様にはいきなり本格的な指導を行うのではなく、
まずは音を出すことの楽しさ、体を動かすことの楽しさを感じてもらい、
「また音楽をやりたい」と思えるようなレッスンを心がけています。

ただ、そんな中でも、音楽的に必要なことは
少しずつレッスンに組み込んでいくこともあります。

例えば、本日レッスンを受講したお子様には、
普段ドラム科の生徒さん達が使用しているサイクルロープを使いました。

サイクルロープとは、つのだ校長が考案した
身体の動きを使ってグルーヴの基本形を作るための補助ロープ。
サイクルロープを回すことで、ドラムを叩く際の身体の使い方の良し悪しを
細かくチェックすることができます。

本日のレッスンではゲーム感覚でロープを回して、
身体を動かすことをとことん楽しんでもらいましたが、
いずれリズム感やグルーヴ感のトレーニングとして、
この動きがレッスンに繋がっていくことになります。

大きくなって本格的に音楽を学びたいと思った時、
幼い頃にワイルドで学んだことを下地に、
音楽的に成長していってもらえれば幸いです!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha