ドラム科に入学して間もない生徒さんが、
現在個人レッスンで“ひとつ打ち”を学んでいます。

“ひとつ打ち”はドラム奏法の基本中の基本、
正しいフォームでテンポに合わせて叩けるようにならないと
先に進むことはできません。

レッスンをより効果的に受講することができるよう、
つのだ校長が『ひとつ打ち練習用音源』を作成し、
レッスンで使用することになりました!

幾つかのテンポでオケが流れ、
それに合わせて講師が指示したパターンを叩きます。
きちんと叩けるようになるまで繰り返し練習します。

この音源はドラム科大西先生のレッスン時に
教務部よりレンタルしています。
ご希望の生徒さんはお気軽にお問い合わせください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha