今月末締め切りのオーディションに応募するため、
ボーカル科生徒さんがデモ音源をレコーディングすることになりました。

今回のレコーディングにあたって、
事前の選曲や歌唱チェック、そして当日のディレクションを、
すべてつのだ校長に行っていただきました。

声を伸ばすべきところや短く切るところ、
強く出す歌い方や優しくささやく歌い方など、
決して平坦な歌唱にならないよう、
きちんと歌い手の感情が聴き手に伝わるように、
時間をかけてディレクションを行いました。

つのだ校長が今回のディレクションで行ったのは、
“自分の中のたくさんの“引き出し”の存在に気付かせる”こと。

歌唱するために必要な“引き出し”が少ないと、
どうしても表現方法が単調になりやすく
結果的に壁にぶつかり行き詰ってしまうことになります。

今回のレコーディングで「自分はこんな歌い方もできたんだ」と
気付いてもらえたのなら幸いです。

そして、万が一それでもまだまだ“引き出し”が足りないと感じるのであれば、
それはこれからのワイルドのレッスンで、
ゼロからいくらでも作り上げていくことができます。

オーディションが良い結果となるよう祈っています!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha