今年で34回目を迎えた「つのだ☆ひろサマードラムスクール」。

北海道での開催予定が、
急遽東京開催に変更になるという展開もありましたが、
その内容は例年になく濃いものとなりました!

初日は午後2時からスタート。

校長であるつのだ校長と
サマードラムスクールのレギュラー講師である武田光太郎先生によるレッスンが、
休憩・夕食を挟みながら午後10時まで、ぶっ通しで行われました。

その内容は、一言でいうと「さらに進化したグルーヴドラミング」。

そもそもドラムの役割はどういうもので、
アンサンブルの中で何をすることが大事なのか、という話から始まり、
そのために必要な知識、特にスティックの使い方や握り方、
そしてその振り方までが詳しく解説されました。

言わば「基礎中の基礎」ですが、
これをおろそかにしてドラムはプレイできないという考え方が
繰り返し強調されていたのが印象的でした。

さらに、つのだ校長ならではのロープや鳴子といったアイテムを使いながら、
グルーヴを自然に生み出すための体の動かし方を実践。

思った以上に自分の体をうまく動かさせないことに
自分自身で驚く参加者が多かったようです。

翌日2日目は、平行してサマーボーカルスクールもスタートします!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha