ワイルドには、音楽事務所やレコード会社から
たくさんの音楽関連のチラシやポスターが送られてきます。
教務部でチェック後、問題の無いものは、
随時受付フロアに掲示されます。

中でも特に多く送られてくるのはオーディション関係のチラシ。
レッスンを重ね実力をつけてきた生徒さんには、
挑戦してみてはどうかと教務部から声をかけることもあります。

また、チラシなどの媒体を使わず、
直接つのだ校長に、ボーカリストや演奏、楽曲制作などで
生徒さんの中から人材を紹介してもらえないか、
との連絡が入ることもあります。
つのだ校長の斡旋で実際に事務所が決まったり、
制作会社に就職した生徒さん達もたくさんいます。

つのだ校長は、普段のスクールライブやグループレッスンなどで
常に生徒さん達の力量や音楽への取り組み具合をチェックしています。
ライブなどで印象的な歌や演奏を聴かせた生徒さんや、
今は力不足でも可能性を感じさせる生徒さんは、当然つのだ校長の印象にも残り、
求人の際やミュージシャン募集の際に声をかけられる可能性が高くなります。

日頃からワイルドのスクールライブやイベントにたくさん出演して、
どんどん自分をアピールしていきましょう!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

長期に渡るアンサンブルレッスン『ゼミ』。

ゼミバンドには担当講師にプロのミュージシャンがつき、
ほぼ1年がかりでバンドをプロデュースします。

そのプロデュース法やレッスンの指導法は、
すべて担当講師の方々に一任しています。
担当講師は、プロの現場で培われた手法を惜しみなく使い、
バンドを纏め上げていきます。

今までもプロデュースの方針と生徒さん達のカラーが
上手く化学変化を起こし、そのバンド独自の個性が生まれ、
高いレベルに達したバンドがたくさん輩出されてきました。

先日、担当講師とメンバーで初顔合わせのミーティングを行ったこのバンドは、
「初回のレッスンまでに何回かスタジオに入り、事前にリハーサルをして
楽曲に慣れておくように」との指示を、講師より受けました。

リハーサルに利用するのはもちろんワイルドの無料スタジオ。
初めてメンバー同士で合わせる緊張感も次第にほぐれ、
良い具合にリラックスした演奏になっていきました。

担当講師の方針で最終的にはオリジナルを作り、
来年のEXTRAで大々的に発表する予定!

始まったばかりのこのバンドが今後どのように進化していくか、
今から楽しみです!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

本日レッスンに来た生徒さんは、小学生の女の子。
お姉さんと妹さんの2人で来校して、
それぞれ別々にドラム科を受講しました。

ワイルドのレッスン受講に必要なポイントは、
入学した生徒さんだけではなく、そのご家族の方も
一緒に利用することができます。

今日の生徒さんに限らず、
例えばご夫婦で来校して、それぞれボーカル科とドラム科を受講したり、
家族全員でバンドアンサンブルを受講したり、といった利用が可能です。

ご希望の生徒さんは、ご予約の際に受付に申し出てもらえればOK。
お気軽にお申し込みください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha