先日行われた長津田みどりアートパーク
「つのだ☆ひろオンステージ」で
プロベーシストとしてステージに上がった
ベース科 鹿野新吾さんより、当日の感想を聞くことができました。

「今回、超一流のプロの皆様のステージで
一緒に演奏をする機会を頂き、大変ありがとうございました。
リハの際は緊張しすぎて
自分で何をやっているのか分からなくなったぐらいですが、
本番前はまわりの皆さんに気を使っていただき、
少しずつリラックスすることができました。

一緒に演奏させて頂いて、特に印象に残ったのが、
プロの方々の「音の速さ」です。
このスピードが自分とは桁違いでした。
これからの練習の目標として、この「速さ」を鍛えていきたいと思います。
ありがとうございました。」

鹿野さんの言う「速さ」とは、
指の動きやフレーズのスピードといった技術的な事ではなく、
次々と展開する楽曲に即座に反応し、最良の演奏をすぐに奏でることができる
対応力と瞬発力とのことだそうです。

今回の体験は鹿野さんにとって大きな財産となるはずです。
これからの鹿野さんの活躍に期待していますよ!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha