ドラムはバンドアンサンブルの中でこそ生きる楽器で、
ワイルドのドラム科ではそれを根本とした様々なレッスンが日々行われているのですが、
実はそんな中で異彩を放つグループレッスンがあります。
それがドラムセット4台を用いた「ドラアンサンブル」です。

ここでは、本来いるべきギターやベースは存在せず、
ドラムのリズムとフレーズだけで1つのアンサンブルを作り上げていきます。
来年に予定されているワイルドの一大イベント「WILD音楽祭EXTRA」への出演を目指し、
ドラム科の精鋭4人がレッスンに取り組んでいます。

各自のフレーズは用いる楽器(スネアやタムタムなど)まで細かく指定されており、
通常のドラミングとは一線を画したものばかりで、
そう簡単にクリアできるものではありません。

しかし、月1回ペースでのレッスンを重ねてきたことで
次第に4つの異なったフレーズが上手く絡み合い始め、
バンドアンサンブルとはひと味違ったドラムの楽しみ方を体感しているようです。

このワイルドならではのドラムアンサンブル、大ホールでの本番も楽しみですね!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha