3月25日(日)にお台場・東京国際交流館「プラザ平成」で、
ワイルドの恒例イベント『WILD音楽祭EXTRA』が開催されました!

今回は、ワイルド在籍の子供達による「KIDSコーナー」や、
ドラム科生徒さん達による「ドラムバトル」など、
ワイルドならではのプログラムを中心したイベントとなりました。

場内が暗転し、カウントと共に始まったのは、
「ドラムバトル」。
ステージに並べられた7台(!)ものドラムセットが
一斉にリズムを刻みます!

このコーナーでは、つのだ☆ひろ校長がこの日の為に書き下ろした
オリジナル曲をベースに、それぞれがソロを披露。

日頃はつのだ校長のステージをサポートしている
音響や照明のプロ・スタッフ、
さらには、つのだ校長バンドのメンバーが
一緒に演奏をしてくれるという環境の中で、
各自が緊張しつつも自分の個性を存分に発揮できたようです。

また、舞台の上にドラムが7台並ぶという壮観なステージに、
来場したお客さんも度肝を抜かれたようでした!

 

一方のキッズコーナーには、総勢10組が出演。
ピアノのソロ演奏からサポートミュージシャンを従えての
本格的なライブまで、
多彩な内容で観客を大いに魅了していました!


この他、昨年1年間、ワイルドのアンサンブル・ゼミで学んできた
生徒バンドも出演。
1年間のゼミの総決算という意気込みでライブに臨んでいました。

 

音楽祭のクライマックスは「つのだ☆ひろコンサート」!


今回のコンサートは、
ボーカル科生徒の選抜メンバーによるステージ「Vocal Show Case」も兼ねた
ショー形式のステージとなり、
つのだ校長自らがプロデュースしたSOUL/FUNKを中心とした楽曲が、
カラフルにステージを彩りました!

中盤には「Vocal Show Case」の振り付けを担当していただいた
世界的なダンサー、柴崎健太氏がゲストとして参加。
つのだ校長のドラムソロとのコラボレーションを見せてくれました。

音楽祭の締め括りは、こちらも恒例となった、
交流館の海外留学生の方々とワイルド生によるコーラスのコラボレーション。

皆さんの声が一つになり、感動的なエンディングとなりました!

すでに来年の『WILD音楽祭EXTRA』開催も決定しており、
ワイルドでは次回に向けたゼミのレッスンなどが始動しています。

来年も、ご来場いただいた方々を
大いに楽しませてくれることでしょう!

WILD MUSIC SCHOOL

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha