ワイルドに限らず、音楽学校やミュージックスクールというところでは、
基本的にドラムセットは常時セッティングされている状態になっています。

これは巷の練習スタジオも同様で、ドラムを叩こうと思ってスタジオに入れば、
若干の微調整をするだけで、すぐにドラムを叩くことが出来るわけです。

これが当たり前になっているのですが、
その為に実は「ドラマー」として大事なことが抜け落ちてしまいがちなのです。
それがドラムの「セッティング」と、その逆のいわゆる「バラシ」です。

セッティングやバラシは単にドラムセットを組み上げたり片付けるということだけでなく、
例えばハイハットスタンドの仕組みはどうなっているのか、
バスドラのペダルのどこを動かせば調整できるのか、
さらにドラムのケースにドラムやスタンドをどう入れるのが効率的なのかを
身をもって学ぶことが出来ます。

そこで今回、つのだ校長のバンドリハーサルに合わせて、
ドラム科の生徒さんにつのだ校長のドラムセットのバラシを実際に体験してもらいました。

中学生ながら、社会人のビックバンドにも入っている高橋君。
バンドの練習の際にドラムセットを組み上げ
片付けなければならないことがあり、
ぜひともセッティングとバラシを経験したいと自ら申し出ての参加でした。

はじめて触るプロ仕様のドラムセットに戸惑いながらも、
先輩の生徒さんやドラム科講師のアドバイスを受けながら、
バラシに挑戦していました。

ドラムを演奏することだけではなく、
自分たちが関わっている楽器がどういうものなのかを知るためにも、
こうした機会は重要ですし、
今後もワイルドではその機会を増やしていく予定です!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

   
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha