つのだ校長のスケジュールの合間を縫って
定期的に行われているドラム科のグループレッスン。

つのだ校長自らが課題を作成し細かい解説までを行っていますが、
その課題は、一見するとおそらく「とても簡単なフレーズ」に
感じられるものなのです。
しかし、その中にドラムという楽器の役割、
さらには音楽をどう捉えるべきかというドラマーとしてのセンスが
凝縮されています。
これこそが、つのだ校長のドラム理論の真髄であり、
ワイルドでなければ出来ないレッスンだと思います。

ここ1~2カ月の中で出された課題は、
改めてドラミングの基本に立ち返り、
生徒さん各自の不十分な部分を洗い出すような内容になっています。

それぞれがさらにステップアップする為に、
今あえて基本に立ち返る…
そんなレッスンが今日も続いています。

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

Sorry, the comment form is closed at this time.

 
© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha