毎週火・金・土はサウンドクリエイター科開講日。
本日受講した生徒さんは、
ここ数回で制作したオリジナル音源の
ミックス作業を行いました。

音のバランスをとり、音質を調整してCDに焼き、
人に聴かせられる状態に仕上げることができました。

ワイルドのサウンドクリエイター科は
全くの初心者の方から本格的にDTMを学びたい方まで、
広く対応したレッスンを行っています。
作曲や編曲、楽典も学ぶことができます。
勿論他学科の方も受講可能です。
興味のある方はスクール受付までお問い合わせください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

ドラムを教えているスクールなどで必ずと言っていいほど提示される
「基礎練習」や「ルーディメンツ」は、
果たして何のためにやっているのか…。
そもそもドラムという楽器は、
アンサンブルの中でどういう役割を果たすものなのか…。

1ヵ月にわたる海外遠征を終えたつのだ校長が
帰国後のレッスンで大きな命題としているのが、この点なのです。

リズムの流れや「かたまり感」が出せてこそ、
ドラムはアンサンブルの中にいる価値がある。

同じ練習課題に取り組むにしても、
こういう感覚・考え方ができなければ、
音楽的な価値は無いに等しいというのが、
つのだ校長の教えです。

ワイルドミュージックスクールのドラム科レッスンは、
ただ単に手足を複雑に早く動かせる「演奏者」になる為ではなく、
優れた「伴奏者」になる為に行われているのです。

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

4/2(日)のスクールライブに向けて、
本日は3組のアンサンブルレッスンが行われました。

長期に渡るバンドでのレッスンを行っているゼミは勿論のこと、
ライブ出演を目標にスクール内で初めてバンドを組んだ生徒さん達も
多数出演予定です。

スクールライブは生徒さんやご家族の皆様の
出演、ご観覧はすべて無料となります。

皆様のご来校、お待ちしています!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

2011年3月11日に起こった東日本大震災から
今日で5年になります。

あの日、日本は未曾有の被害に見舞われ、
絶望的な状況に立ち往生し、
先の見えない不安と戦う日々を送ることを
余儀なくされました。

5年の歳月は流れましたが、
あの日の出来事を過去として風化させることなく、
そこで感じたこと、考え、行動の一つひとつを心に留めながら
これからの日々を歩んでいくことができればと思います。

あらためて、あの日震災で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

つのだ校長が南米から戻り、
ドラム科のグループレッスンが1カ月半ぶりの再開となりました!

南米に出発する前に提示された課題のチェックはもちろんですが、
南米の音楽事情から現地のプロミュージシャンとの触れ合いや
セッションについてなど、
つのだ校長が実際に見聞きしてきた体験談を聞かせてくれました。

中でも、リオのサンバカーニバルや
トリニダードトバコでのスティールパン工場での話は、
生徒さんにとっても大いに興味を引いたようで、
熱心に聞きっていました。

その一方で、課題については、
いつも通り、かなり細かい部分までのチェックが行われ、
それぞれに足りない部分をあらためて練習するようにと
アドバイスされていました。

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

つのだ校長のレッスンは、
基本的にグループレッスンがメイン。
ただ、状況やタイミングによって、
個人レッスンを行うことがあります。

本日はボーカル科生徒さんの個人レッスンを
つのだ校長が担当しました。

楽曲を歌ってもらい、
発声の仕方や音程の揺らぎを細かくチェック。
これからの練習で直すべき点を
一つずつ探っていきます。

つのだ校長の個人レッスンに、
別途ポイントがかかることはありません。
日程やタイミングさえ合えば、
可能な限りたくさんの生徒さんの指導を行いたいと
思っています!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha