本日はパーカッションゼミが行われました。

今回のレッスンで講師の古島先生が
生徒さん達に対して重点的に指導したのは、
『ウォーミングアップの大切さ』についてです。

まずは力を抜いてフルストローク。
三連のパターン等を加えながら
シンプルなフレーズを叩き続け、
徐々に身体を慣らしていきます。

時間をかけて入念にウォーミングアップしたところで、
はじめて楽曲の中の複雑なフレーズを叩きます。
そうすることによって、いつもより格段に楽器が鳴るようになります。
これは、パーカッションに限らず、
すべての楽器にも言える大切なことです。
歌を歌う時もギターやベース、ドラムを叩く時も、
事前のウォーミングアップを十分に行って挑みましょう!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

本日ドラム科の個人レッスンを受講した生徒さんは、
平行してゼミを受講しアンサンブルを学んでいます。

ゼミのアンサンブルレッスンでは
バンドで演奏する際に必要な様々な事柄を学びますが、
その中で分かった自分個人のスキルが足りない部分は、
ゼミ受講中には解決することはできません。

自分の弱点が分かったら後日改めて個人レッスンを受講し
講師に鍛えてもらうことが大切になってきます。

個人レッスンでその弱点を克服しておけば、
次回のゼミのレッスンがより一層意味のある内容の濃いものになってきます。

個人レッスンとアンサンブルレッスンを平行して受講し、
多面的にレベルを上げていきましょう!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

3月23日~27日の間、
福島県の子供達を支援しているグループ、
『来まっし小松 福島キッズ』企画による
「福島キッズキャンプ in 横浜・東京」というツアーが組まれ、
プログラム内にワイルドミュージックスクールの一日体験レッスンが
組み込まれました!

なんと総勢32名もの小~中学校の生徒さん達がワイルドに来校。
まずはつのだ校長が歌を歌ってお出迎えです。

その後4チームに分かれ、ドラム・ボーカル・ギター・ベースの
グループレッスンをローテーションを組んで一日がかりで受講しました。

ボーカルレッスンでは3声のコーラスを覚えてもらい、
夕方からはそれぞれパート毎に本格的な機材を使ってレコーディング。
完成した音源は後日お渡しする予定となっています。

最後はつのだ校長と講師バンドによるミニライブを開催。
興奮冷めやらぬままワイルドでのプログラムは無事に終了しました!

今回の体験ツアーで、参加した皆さんが音楽の楽しさや面白さに気付き、
歌や楽器を始める切欠になってもらえたら幸いです!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

ワイルドのドラム科には、
幼稚園~小学生の子供達がたくさん在籍しています。

以前当ブログでも触れた通り、
子供達、特に低学年のお子様にはいきなり本格的な指導を行うのではなく、
まずは音を出すことの楽しさ、体を動かすことの楽しさを感じてもらい、
「また音楽をやりたい」と思えるようなレッスンを心がけています。

ただ、そんな中でも、音楽的に必要なことは
少しずつレッスンに組み込んでいくこともあります。

例えば、本日レッスンを受講したお子様には、
普段ドラム科の生徒さん達が使用しているサイクルロープを使いました。

サイクルロープとは、つのだ校長が考案した
身体の動きを使ってグルーヴの基本形を作るための補助ロープ。
サイクルロープを回すことで、ドラムを叩く際の身体の使い方の良し悪しを
細かくチェックすることができます。

本日のレッスンではゲーム感覚でロープを回して、
身体を動かすことをとことん楽しんでもらいましたが、
いずれリズム感やグルーヴ感のトレーニングとして、
この動きがレッスンに繋がっていくことになります。

大きくなって本格的に音楽を学びたいと思った時、
幼い頃にワイルドで学んだことを下地に、
音楽的に成長していってもらえれば幸いです!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

在校生の皆様へ。

6月29日(日)
スクールライブ開催決定です!

只今、当日のライブの出演者・出演バンドを募集中しています。
出演希望の生徒さんは、スクール受付までご連絡ください。

お一人で申し込みの場合は、スクール教務部でメンバーを選出し、
アンサンブルレッスンを受講後、本番に臨んでもらいます。
バンドによっては各学科講師がサポートメンバーとして加わります。

在校生やご家族の方のご観覧は無料となります。
開催時間などの詳細は判り次第お知らせいたします。

締め切り…4月4日(金)

皆様のお申し込み、お待ちしております!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

本日は朝から賑やかな一日となりました!

通常のマンツーマン個人レッスンは勿論のこと、
隔週の火曜日に行われているカルチャー音楽教室の開講や、
アンサンブルゼミなどのレッスンが一日を通して沢山行われました。

また、平行してスクールKスタジオではテレビ番組の収録が行われ、
たくさんのテレビスタッフの方々が校内を行き交いました。
まだ詳細をお話することはできませんが、
収録の様子は来校していた生徒さん達も刺激を受けたようです!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

ワイルドに新しい仲間が加わりました。
なんと、つのだ校長だるまです!

先日つのだ校長が復興支援イベントを行った福島県白河市の名物『白河だるま』を、
白河市の皆様のご好意で特別につのだ校長仕様に作っていただき、
この度ワイルドに寄贈していただきました。

現在ワイルドの受付で、つのだ校長人形と一緒に
来校する生徒さん達を見守ってくれています!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

近々行われるつのだ校長コンサートの
バンドリハが行われました。

コーラスとして参加するのは
ワイルドボーカル科講師の
高橋先奈保子先生と大木畑愛先生、
そしてボーカル科OBの湊亜美さん。

今日はつのだ校長は参加せず、
バンドメンバーのみのリハ。
亜美さんもプロの演奏の中で気後れすることなく
自信に溢れたコーラスを聴かせていました。

人は環境によって変わっていきます。
レベルの高い環境で揉まれれば
おのずと自分自身のレベルもそれに合わせて変化していきます。

ワイルドで学んだ考え方や技術、
繋がりを持った人間関係を大きな財産と考え、
“気がついたらプロになっていた”という道を歩むことができるよう、
ワイルドでは出来る限り生徒さん達のバックアップを
行っていきたいと考えています!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

ワイルドには、お子様の生徒さんがたくさん在籍しています。

マンツーマンレッスンなので、
その生徒さんの年齢に合わせたレッスン内容を組み立てることが可能です。

お子様の生徒さんに、いきなり本格的なレッスンを行うことはありません。
歌でも楽器でもまずは『歌うこと』『音を出すこと』の楽しさを体験してもらいます。

楽しみの中でたくさんのことを学び、“上手くなっている”という実感を
お子様が感じられるようになった時、次第に“もっと学びたい”という意欲が芽生えてきます。
ワイルドではここで初めて、本格的なレッスンに移行します。

もしもお子様が何かしら音楽に興味を持ち始めたら、
スクール教務部までお問い合わせください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

ドラム科に入学して間もない生徒さんが、
現在個人レッスンで“ひとつ打ち”を学んでいます。

“ひとつ打ち”はドラム奏法の基本中の基本、
正しいフォームでテンポに合わせて叩けるようにならないと
先に進むことはできません。

レッスンをより効果的に受講することができるよう、
つのだ校長が『ひとつ打ち練習用音源』を作成し、
レッスンで使用することになりました!

幾つかのテンポでオケが流れ、
それに合わせて講師が指示したパターンを叩きます。
きちんと叩けるようになるまで繰り返し練習します。

この音源はドラム科大西先生のレッスン時に
教務部よりレンタルしています。
ご希望の生徒さんはお気軽にお問い合わせください!

WILD MUSIC SCHOOL
体験レッスンのお申し込み

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha