本日はボーカル科大木畑先生指導の下、
『読譜強化レコーディング実習』が行われました。

事前にメロディ譜を準備し、
譜面に沿って歌をレコーディング。
歌メロを波形で確認しながら音程の微妙なズレや揺らぎを
視覚的にチェックしていきます。

読譜強化レコーディング実習は、
自分の弱点を把握するには最適のレッスンです。

ご希望のボーカル科生徒さんは、
スクール教務部までお気軽にお申し込みください。
レコーディングエンジニアのスケジュールを調整して、
開講日時を決定します。

皆様のお問い合わせ、お待ちしております!

 WILD MUSIC SCHOOL

10月21日に開催されたスクールライブ。
今回もバラエティにとんだ盛り沢山の内容となりました!

長期的にアンサンブルレッスンを受けている
『ゼミ』バンドは、回数を重ねる度に確実にまとまりを増しています。
同じメンバーで演奏を継続する利点を意識しながら、
そのバンドならではのカラーを育てていって欲しいと思います。

KIDSコーナーは、お子様達の元気なドラム演奏で
会場を沸かせてくれました!

中には「派手で目立つドラムを叩きたい」だけではなく、
「シンプルでもきちんとした演奏をしたい」といった選曲もあり、
表面だけではない部分にまで目が向き始めていることを
感じさせてくれました。

つのだ校長は総評として、
「成長して完璧に近づけば近づくほど、細かい粗が見えてくる。
その粗の部分を、あえて取り上げて指摘するのは、より完璧になってほしいから。
ダメ出しをされるのは、それだけ自分が良くなってきているんだと思って欲しい。」
との言葉を生徒さん達に贈りました。
スクールにいる間に自分のマイナス面や弱点を、できるだけ沢山つのだ校長に
炙り出してもらいましょう。
それを一つずつクリアしていけば、確実にレベルアップに繋がります。

次回スクールライブは12月16日(日)開催予定。
今年最後のライブとなる予定です。
皆様のご参加、お待ちしています!

 WILD MUSIC SCHOOL

スクールライブを明日に控え、
本日は出演予定バンド4組のレッスンが、
本番のステージとなるKスタジオでリハーサルを兼ねて行われました。

出演順が一番目のバンドは、ステージ入場から演奏開始までの手順や、
曲と曲の間のタイミングなども事細かにチェック。
本番さながらに客席の照明も落としてリハを繰り返しました。

ただ演奏するだけではなく、エンターテインメントとして
きちんと観客を意識しながらステージングを構築することは
とても大切なことです。
明日はきっと、観ている人を楽しませてくれるような
高水準のステージをみせてくれることでしょう!

スクールライブは明日10月21日(日)17時30分より
スクールKスタジオに於いて開催予定です。
生徒さん及びそのご家族の方は無料でご観覧できます。

皆様のご来場、お待ちしております!

 WILD MUSIC SCHOOL

スクールライブまでの1週間は、
アンサンブル関連のレッスンが数多く開講され、
スクールがたくさんの生徒さんで賑わいます。

来週に迫ったライブに備え、
本日はボーカル科コーナーとKidsコーナーのリハーサルが
行われました。

ボーカル科コーナーリハは講師立会いの下、レッスンも兼ねて行われます。
参加生徒さん達は一様に緊張した面持ちで講師の指導を受けながら、
繰り返し課題曲を歌唱しました。

Kidsコーナーのリハは、何時にも増して元気いっぱい!
講師のサポート演奏に合わせ、テンポの早いロックや
パワフルなJ-POPを大人顔負けの演奏で聴かせてくれました。
毎回毎回、子供達の集中力には本当に驚かされます。
このパワーを維持しながら成長を続けていくことができるよう、
ワイルドは常にサポートして参ります。

スクールライブは10月21日(日)17時30分より
スクールKスタジオに於いて開催予定です。
生徒さん及びそのご家族の方は無料でご観覧できます。

皆様のご来場、お待ちしております!

WILD MUSIC SCHOOL

本日も受付横のスペースでは、
つのだ校長と生徒さんがドラム談義の真っ最中。 

始めはちょっとした歓談でもやがて奥深い内容へと話が進み、
実際にパッドを使って実演も交えながら、
叩くタイミングや手順について分かり易く解説していきます。

つのだ校長は、常にドラムを研究しています。
叩く時の筋肉の動きやスティックの角度、
姿勢や身体の動かし方まで日々推敲を重ね、
つのだ校長が自身が創り上げたメソッド『ネオ・グルーヴ理論』
より磨きをかけていっています。

今日のような授業時間外のちょっとした歓談の際でも、
つのだ校長は一切出し惜しみなどせず、
ドラムについての講義を行います。

ワイルドの日常に、つのだ校長がいます。
たくさんつのだ校長と接して、
音楽的にも人間的にも自分自身を高めていってくれれば
嬉しい限りです!

WILD MUSIC SCHOOL

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha