3月25日(日)にお台場・東京国際交流館「プラザ平成」で、
ワイルドの恒例イベント『WILD音楽祭EXTRA』が開催されました!

今回は、ワイルド在籍の子供達による「KIDSコーナー」や、
ドラム科生徒さん達による「ドラムバトル」など、
ワイルドならではのプログラムを中心したイベントとなりました。

場内が暗転し、カウントと共に始まったのは、
「ドラムバトル」。
ステージに並べられた7台(!)ものドラムセットが
一斉にリズムを刻みます!

このコーナーでは、つのだ☆ひろ校長がこの日の為に書き下ろした
オリジナル曲をベースに、それぞれがソロを披露。

日頃はつのだ校長のステージをサポートしている
音響や照明のプロ・スタッフ、
さらには、つのだ校長バンドのメンバーが
一緒に演奏をしてくれるという環境の中で、
各自が緊張しつつも自分の個性を存分に発揮できたようです。

また、舞台の上にドラムが7台並ぶという壮観なステージに、
来場したお客さんも度肝を抜かれたようでした!

 

一方のキッズコーナーには、総勢10組が出演。
ピアノのソロ演奏からサポートミュージシャンを従えての
本格的なライブまで、
多彩な内容で観客を大いに魅了していました!


この他、昨年1年間、ワイルドのアンサンブル・ゼミで学んできた
生徒バンドも出演。
1年間のゼミの総決算という意気込みでライブに臨んでいました。

 

音楽祭のクライマックスは「つのだ☆ひろコンサート」!


今回のコンサートは、
ボーカル科生徒の選抜メンバーによるステージ「Vocal Show Case」も兼ねた
ショー形式のステージとなり、
つのだ校長自らがプロデュースしたSOUL/FUNKを中心とした楽曲が、
カラフルにステージを彩りました!

中盤には「Vocal Show Case」の振り付けを担当していただいた
世界的なダンサー、柴崎健太氏がゲストとして参加。
つのだ校長のドラムソロとのコラボレーションを見せてくれました。

音楽祭の締め括りは、こちらも恒例となった、
交流館の海外留学生の方々とワイルド生によるコーラスのコラボレーション。

皆さんの声が一つになり、感動的なエンディングとなりました!

すでに来年の『WILD音楽祭EXTRA』開催も決定しており、
ワイルドでは次回に向けたゼミのレッスンなどが始動しています。

来年も、ご来場いただいた方々を
大いに楽しませてくれることでしょう!

WILD MUSIC SCHOOL

『WILD音楽祭EXTRA』を明日に控え、
本日は会場となる東京国際交流館で
機材搬入、リハーサルを行いました。

本番に参加予定の生徒さん達も、
早朝から会場入りして、搬入や会場設営を
手伝ってくれました。
ありがとうございました!

生徒さん達の協力を得て、
ドラムバトルやBANDコーナーリハ、
つのだ☆ひろコンサート(Vocal Show Case)
そして海外留学生の方々を交えた
コーラスのコーナーまで、
滞りなくリハーサルを行うことができました。

いよいよ明日は本番です!

WILD MUSIC SCHOOL

世界的に活躍中の若手ダンサー
柴崎健太さん指導の下、
現在『Vocal Show Case』ダンスの猛練習中です!

練習は深夜に及ぶこともしばしば。
短期間で、みんな瞬く間に上達しています!

WILD MUSIC SCHOOL

ワイルドに通うお子様の生徒さん達が出演する
『WILD音楽祭EXTRA』恒例のKIDSコーナー。

3月25日の本番に向けて、
本日スクールにてリハーサルが行われました!

バックを固めるのはプロのサポートミュージシャン。
生バンドに加わっての演奏は、
普段の練習よりも一層テンションが上がります。

子供達は、何の迷いもなく
楽しむことに集中した演奏を聴かせてくれます。
もしも万が一、ワイルドの生徒さんで、
悩んだり行き詰ってしまうようなことがあったら、
KIDSコーナーを観て、初心を取り戻すことも大切かもしれません。

この勢いのまま、本番のステージも
元気な演奏を聴かせてほしいと思います!

WILD MUSIC SCHOOL

先日無事に千秋楽を迎えた
つのだ校長出演の舞台『BONNIE & CLYDE』。
このお芝居で競演した、
世界的に活躍中の若手ダンサー、柴崎健太さんが、
『Vocal Show Case』のダンス振り付けを
担当してくれることになりました!

 

参加メンバー一人ひとりに
音楽への取り組み方や考え方を聞く時間を設け、
それぞれの人となり性格も考慮したダンスを
創り上げていただきました。

 

現在スクールKスタジオは、昼夜問わず、
柴崎さんとShow Case参加メンバーによって、
熱気溢れる練習が行われています。

柴崎さんは、『Vocal Show Case』を含む
「つのだ☆ひろコンサート」にもゲスト出演して、
つのだ校長と共に素晴らしいパフォーマンスを
披露していただく予定です。

『WILD音楽祭EXTRA』は、
3月25日(日)13:00開場13:30開演です。
皆様のご来場、お待ちしております!

WILD MUSIC SCHOOL

本日のコーラスレッスンでは、
つのだ校長による『サイクルロープ』を使った
講義が行われました。

サイクルロープとは、つのだ校長が考案した
『ネオ・グルーヴ理論』を学ぶ際に、
「身体の動きを使ってグルーヴの基本形を作るための
補助ロープ」です。

本来はドラム科生徒さん達に
『ネオ・グルーヴ理論』の動きを教える際に使う教材ですが、
楽器の演奏も歌を歌う時も、
グルーヴを生み出す動きの基本は同じです。
サイクルロープを回しながら実際に歌ってもらい、
身体の動きがいかに歌のリズムに影響を与えるか、
生徒さん一人一人に体感してもらいました。

サイクルロープは、受付で随時レンタルしています。
ドラム科ボーカル科に限らず、
すべての学科の生徒さんにご利用いただけます。

一度手に取って、グルーヴを生み出す感覚を
是非感じ取ってみてください!

WILD MUSIC SCHOOL

3月25日開催の『WILD音楽祭EXTRA』の大トリで、
会場となる東京国際交流館在住の海外留学生の方々と、
ワイルドVo科生徒によるコーラスのコラボレーションが行われます。

本日は、つのだ校長が直接交流館に赴き、
留学生の方々へコーラスの指導を行いました。

今年初参加の皆さんですが、
ほぼ全員が早々にメロディを覚え、レッスン後半には
つのだ校長に合わせて一緒に振り付けを踊る余裕も出てきました。

あと2回のグループレッスンを経て、
本番当日ワイルドの生徒さん達と合流、ステージに上がります!

WILD MUSIC SCHOOL

3月25日開催予定の『WILD音楽祭EXTRA』で、
コンサートの最後を締めくくるのは、
毎年恒例となったワイルド生徒さん達と
東京国際交流館在住の海外留学生の方々による
コーラスのコラボレーション。

本日はスクールKスタジオにて、
そのコーナーに出演予定の生徒さん達の
グループレッスンが行われました。

半数以上が初参加の方々で、
中には小さいお子様の姿も。
男女の比率も男性陣の方が多いという
いつもとは違った顔触れとなっています。

皆さんきちんと予習をしてきてくれたようで、
1回目のレッスンとは思えないほど早いペースで
ハーモニーが纏りをみせてきました。

コーラス練習は、本番まであと3回開講します。
今からでも参加を希望される生徒さんがおりましたら、
お気軽に教務部までご連絡ください!

 WILD MUSIC SCHOOL

3月25日に行われる『Vocal Show Case』の
練習がスタートしました!

今回選ばれたボーカル科生徒さんは総勢6名。
つのだ校長のバックコーラスとして、
SoulやR&B系の楽曲に参加予定です。

 参加予定曲は全部で10曲近くに及びます。
パート分けや発音のチェックなど、
つのだ校長が直々に指導を行いました。

歌の練習に加え、
今後はプロダンサーの指導による
振り付けのレッスンも控えています。

本番まで1ヶ月弱。
集中して取り組んで行きましょう!

 WILD MUSIC SCHOOL

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha