3月の震災以降延期になっていた、ワイルドの年に1度のフェスティバルが、
この度『労音会館コンサート』としてリニューアルし、
昨日10月23日にめでたく開催されました!

早朝から機材搬入~リハーサルを行い、
14:30から延べ6時間にも及ぶコンサートがスタート。

特筆すべきは、やはり1年間アンサンブルレッスンを受講してきた
ゼミ受講バンドのコーナー。
時間をかけてアンサンブルレッスンを続けてきた成果が
随所に見受けられました。

つのだ校長が担任を務めたBLUSゼミのコーナーでは、
つのだ校長も直々にボーカルとして登場し、
オリジナル課題曲を演奏しました。

3人のギタリストによるソロの掛け合いや、
校長とボーカル科生徒さんによるツインボーカルなど
聴きどころ満載のコーナーとなりました。

中盤の目玉は子供達によるKIDSコーナー。
講師陣のサポートを受けながら伸び伸びと演奏する様に、
場内からは温かい拍手と歓声が起こりました。

以前のスクールライブで大好評だった、
ボーカル、ギター、ドラム、キーボードと
メンバーのほとんどが子供達で結成されたバンドももちろん登場、
観客の方々とのコール&レスポンスに場内も大盛り上がり!

コンサート終盤では、以前このブログでも紹介した
ゼミ受講バンドの「KAKUMI PROJECT」や「L.Jop」が登場。
この1年でたくさんの場数を踏んできた2組は、
自信に満ち溢れた貫禄の演奏を聴かせてくれました!

最後は、つのだ校長によるJAZZライブと、
特別ゲストとして今回のイベントに司会で参加して頂きました
グラビアアイドルの華彩ななさんによるスペシャルライブが行われ、
『労音会館コンサート』は無事に終了しました。

出演者の皆さん、本当にお疲れ様でした!
それぞれの中で、成功を実感した人、思うように演奏できなかった人、
色んな思いがあることでしょう。
ワイルドでは、今回のイベントを一区切りとして、
新たにアンサンブルゼミを開講していきます。
よりステップアップを目指す方、今回のリベンジを果したい方等など、
たくさんの生徒さんを募って参ります。
来年の大イベントを目指して、皆さんどんどん申し込んでください!

そして、今回多くの生徒さん達が、出演するだけに留まらず、
機材の搬入搬出、ステージの転換に至るまで
率先してお手伝いとして参加してくれました。

皆さんの協力があったからこそ、
ここまでの長丁場の大きなイベントが
大きなトラブルも無く成功することができたのだと思います。
ありがとうございました!

WILD MUSIC SCHOOL

お子様の生徒さん達が盛り上がっています!

10月23日(日)開催の『労音会館コンサート』で設けられた
KIDSコーナーには、総勢13組の子供達が参加し、
大きなステージで演奏を行う予定です!

 本日は、そのリハーサル。
今まで一人で練習してきたことを、講師陣のサポート演奏と合わせて
アンサンブルを行います。

ほとんどの生徒さんにとって、アンサンブルレッスンは初体験。

マンツーマンの練習とは違う、いろいろな楽器との協演という体験でしたが、
皆自信を持って、戸惑うことなく元気に演奏することができました。

この、迷いの無さこそが、子供ならではの持ち味といえます。

演奏することの楽しさと勢いに溢れたKIDSコーナーは、
きっと本番当日、大きなインパクトを観客の皆さんに与えることになるはず!

期待大です!

WILD MUSIC SCHOOL

ボーカル科生徒によるコーラスグループ「WILD CHILD」が出演する
『スクリーンミュージックの宴 PART2』が、
10月14日(金)と10月15日(土)の2日間に渡り、
それぞれフォレストイン昭和館、品川ステラボールの2会場に於いて
開催されました!

早朝から会場入りし、スタッフの方々や共演者の皆様にご挨拶。
控え室やホールの隅で、時間を見つけてはコーラスパートの復習や
立ち位置のチェックを繰り返します。

お昼からのサウンドチェックを経て、
いよいよ本番のステージの開幕です!

オーケストラの演奏を背に、彼女達の厚みのあるコーラスが会場を包みます。

つのだ校長やゲストのアマリア・ネクラエシェさんの歌声を引き立てつつ
存在感のある魅力溢れたハーモニーを聴かせてくれました。

今回彼女達は、自分達の経歴として確実に残っていく大きなステージを
無事に成功させることができました。
本番までの過程で考えた事、悩んだ事は、
すべて自分達の成長に結びついていくことになります。
どうしても行き詰ってしまった時は、臆することなく
つのだ校長に相談してみてください。
きっと突破口になるヒントを教えてくれるはずです。

つのだ校長は、これからもワイルドに在籍している生徒さん達を
全力でサポートしていきます。

「wild child」の皆さん、本当にお疲れ様でした!

WILD MUSIC SCHOOL

ワイルドボーカル科生徒のコーラスグループ「WILD CHILD」が出演する
『スクリーンミュージックの宴 PART2』の開催が、いよいよ明日に迫りました!

本日は、本番の会場となる昭島市「フォレストイン昭和館」に於いて、
最終通しリハーサルが行われました。

オーケストラの迫力ある演奏に合わせてコーラスを取り、
歌声の聴こえ方のバランス等を調整していきます。
もちろんステージ上の立ち位置や、マイクの位置なども
この作業ですべて決定し、明日の本番に臨むことになります。

明日のフォレストイン昭和館、明後日の品川ステラホールと、
楽しい2日間になる予定です。

全員「生徒」ではなく「プロ」としての意識で挑みます!

皆様のご来場、お待ちしています!

WILD MUSIC SCHOOL

およそ1年に渡り、
つのだ校長が担任を勤めたBLUESゼミ。

10月23日の『労音会館コンサート』出演が
このゼミの一旦のゴールとなるため、
このメンバーでのレッスンは今日で最後となります。

出演バンドの中では一番の大所帯(ボーカル、ギター3人、ドラム、ベース、
パーカッション)に加え、
つのだ校長もボーカルで参加し、
校長書き下ろしのBLUES曲を演奏予定です。

3人のギタリストによるソロの掛け合いなど、
それぞれの見せ場を作りながらステージを盛り上げてくれることでしょう!

WILD MUSIC SCHOOL

10/23(日)労音会館コンサートのタイムテーブルが
発表になりました。
 
14:00…開場
14:30…スタート
 
14:30…BANDコーナー1(4組)
15:30…KIDSコーナー1(6組)
 
16:15…BANDコーナー2(5組)
17:25…KIDSコーナー2(5組)
 
18:03…BANDコーナー3(5組)
 
19:15…つのだ☆ひろJAZZ LIVE
 
19:40…特別ゲスト:華彩ななLIVE
 
 
20:00終了予定

一般販売チケット…¥3,500
WILD生徒関係者(ご友人、ご家族)チケット…¥3,000
生徒特別販売チケット(生徒本人)…¥2,000

本番当日に向けて、
各バンドが最終調整の練習を行っています。

年に一度の大舞台です。
皆さんの力でイベントを成功に導いてくれることを
祈っています!

 WILD MUSIC SCHOOL

10月14日~15日に開催予定の
『スクリーン・ミュージックの宴 PART2』

このコンサートに出演予定の
ボーカル科コーラスグループ「WILD CHILD」のメンバーが、
本番で歌う楽曲の伴奏音源に、
コーラスをレコーディングしました。

もちろん本番は生演奏、生歌ですが、
この作業は練習のためのレコーディング。
「レコーディングした自分自身の歌声を繰り返し聴いて
メロディを覚えていく」という方法は、
つのだ校長も長年採っている
スムーズに楽曲を身体に染み込ませる効果的な方法です。

レコーディングのもう一つのポイントは、
自分自身の弱点を知る事ができること。

もう充分歌えていると思っていても、
レコーディングで装飾の無い歌声が晒されると、
音程やリズムなど改善すべき点が見えてくるものです。

問題点が見つかっても、落ち込む必要はありません。
むしろ、見つかったことで、そこを集中的に練習し改善すれば、
自分の弱点を一つずつ無くしていくことができるのです。
問題点を見て見ぬふりをして、
改善できぬまま本番に臨むことのほうが
最終的には残念な結果になってしまいます。

今回のレコーディング体験を経て、
本番の彼女達のクオリティは、
確実にアップするはずです。

本番を楽しみにしています!

WILD MUSIC SCHOOL

© 2011 Wild Music School Staff Blog Suffusion theme by Sayontan Sinha